カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

アドルフ・ボルンのチェコ語絵本 Pohadkovy svet Frantiska Nepila

チェコの”おやすみアニメ“の巨匠、アドルフ・ボルンのチェコ語絵本です

アドルフ・ボルンのチェコ語絵本 Pohadkovy svet Frantiska Nepila

価格:

7,500円 (税込)

購入数:

在庫

わずか

文 フランチシェク・ネピル
絵 アドルフ・ボルン

チェコの童話作家フランチシェク・ネピルの7つの物語に
共産時代、チェコアニメの黄金期を支えたアドルフ・ボルン(1930〜2016)が
イラストを描いた絵本。
キャリアの最初、ボルンのユーモラスな風刺画は、大手の新聞や雑誌で好評で、
最初は、漫画家として名を馳せました。1960年以降、多くの国で展覧会が開催され、
1974年のモントリオールで受賞した「カートニスト・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、
数々の受賞歴があります。
しかし、彼の風刺漫画は、1973年に出版を禁止され、アニメーションのデザインや、
絵本のイラストに専念するようになりました。
1982年にチェコの国民的人気アニメ番組「ヴェチェルニーチェク(おやすみアニメ)」で
放送された電話を使った冒険アニメ「Mach a Sebestova」(「マハとシェベストヴァー」)シリーズが大人気となり
その後も、「Zofka」(「ジョフカ」)のシリーズなど、
今も愛されているアニメーションをたくさん生み出しました。
独特のタッチで人間や擬人化された動物を描き、その画風は、ユーモラスでもあり、
シュールでもあり、その色使いはおしゃれでモダンな印象を与えます。
その他、ドライポイント、エッチング、リソグラフィーの専門家で、
彼の作品は、世界中で評価されています。
「一体、誰に影響を受けたのか?」と
思えるぐらいボルンの線の使い方と色彩は
オリジナリティたっぷりです。
特に赤の色の使い方は、かなり独特で
経験したこのない不思議な世界に誘われます。


■出版社:Vydala Euromedia Group, a.s.
■発行年:2016年
■ページ数:全217ページ
■サイズ:W220mm×H262mm×D23mm
■言語:チェコ語
■状態:新本

関連商品

アドルフ・ボルンのチェコ語の寓話集 BAJKY

18,000円(税込)
在庫   わずか
購入数

アドルフ・ボルンのチェコ語絵本 お父さんの成功Tatinku, ta se ti povedla

5,000円(税込)
在庫   わずか
購入数

アドルフ・ボルンのチェコ語絵本 マッハとシェベストヴァ―Mach a Sebestova

6,000円(税込)
在庫   わずか
購入数

アドルフ・ボルンのチェコ語絵本 Z pohadkove postylky

7,500円(税込)
在庫   わずか
購入数

ページトップへ